文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

インフルエンザ、全国で猛威…最多の昨季に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
インフルエンザ、全国で猛威…最多の昨季に迫る

 直近1週間(14~20日)に全国約5000か所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は1施設あたり53・91人だったと、厚生労働省は25日発表した。前週に比べて約1・4倍に急増し、調査が始まった1999年4月以降、最多となった昨季の54・33人に迫っている。

 厚労省によると、今年に入り、全国で急速に流行が広がった。都道府県別の報告数は愛知81・86人が最多で、東京52・65人、大阪46・09人など。青森、秋田、島根を除く44都道府県で、インフルエンザ流行の警報を出す基準(30人)を超えた。入院した患者の6割近くは70代以上だった。

 報告対象外の医療機関を含めた全国の受診者は、直近1週間の推計で約213万人。今季累計では約541万人で、昨季の約1458万人の3分の1に達している。ただ、今後、どの程度、流行が拡大するかの予測は困難だという。

 検出されたウイルスの6割は、A型の一つで、2009年に新型として流行した「H1N1」型だった。B型は、まだほとんど流行していない。

 流行の拡大に伴って、14~20日に休校や学年・学級閉鎖の対応をとった保育所や幼稚園、小中高校は計6274施設に上った。

 高齢者施設でも集団感染が相次ぎ、厚労省は、全国の施設に対し、感染予防策の徹底や栄養状態への配慮などに十分な注意を払うよう求めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事