文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

京都の障害者施設で23人がインフル集団感染、1人死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 京都府南丹市の障害者支援施設「京都太陽の園」(入所者約50人)は23日、入所者22人(19~79歳)と職員1人の計23人がインフルエンザA型に集団感染し、うち入所者の男性(66)が死亡したと発表した。

 施設などによると、今月12日に入所者8人が最初に発症。亡くなった男性は15日に発熱し、医療機関に入院したが、23日に亡くなった。死因は肺炎とインフルエンザだという。他の感染者はすでに回復した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事