文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がんを語る

コラム

乳がん(上)触ると梅干しのような塊・マンモで見つからず……「大丈夫」「頑張って」は言わないで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「がんを語る」の3回目は乳がん。女性のがんで最も多く、2018年に新たに乳がんと診断される人は約8万6500人と予測されています。患者は40歳代後半から50歳代前半に多く、仕事や子育てと重なり、苦労する人も多くいます。今回は、各患者会で活動する3人の方に加え、進行も乳がんを経験した記者が務め、率直な思いが語られました。

乳がん 主に、乳汁を運ぶ乳管から発生する「乳管がん」と、乳汁をつくる小葉から発生する「小葉しょうはがん」がある。見つかるきっかけは、マンモグラフィー(乳房エックス線撮影)などによる乳がん検診のほか、しこり、乳房のえくぼ、皮膚の変化、周辺のリンパ節の腫れなどの異常に本人が気づく場合もある。治療は手術が基本。しこりと周辺の組織を切除する乳房温存手術と、乳房全体を切除する全摘手術がある。本人の組織やシリコンなどを使って、新たな乳房を作る乳房再建術も広く行われている。13年に人工乳房による再建手術の保険適用が認められた。

参加者(敬称略)

星野 希代絵
(ほしの きよえ)
「あけぼの静岡」代表 62歳
堀内 美保
(ほりうち みほ)
聖マリアンナ乳がん体験者の会
「マリアリボン」共同代表
50歳
吉田 羊子
(よしだ ようこ)
「京都乳がんピアサポートサロン
 ~fellows~」代表
68歳
進行役 読売新聞東京本社編集局生活部次長・本田麻由美

京都、静岡、神奈川で患者会活動

――簡単に自己紹介お願いします。

吉田 京都から来ました吉田です。08年の10月に右胸に乳がんが見つかり、同年11月から手術前の抗がん剤治療を始めました。09年5月に全摘手術を受けた後、放射線治療を受け、トリプルネガティブ(※)なので無治療で今に至っています。「京都乳がんピアサポートサロン ~fellows~」という患者会でピアサポートをしています。

星野 静岡の星野です。1999年の7月、43歳のときに県内の総合病院で右胸の全摘手術を受け、さらに抗がん剤治療、ホルモン治療とフルコースの治療を受けました。11年前から患者会「あけぼの静岡」の代表を務め、「あけぼのハウス」という患者さんの悩み相談もやっています。県が主体のピアカウンセラーの勉強会にも参加しています

堀内 東京都内の小売り関係に勤める堀内です。2011年10月に左胸にがんが見つかり、手術前の抗がん剤治療を受けて、ぎりぎりで温存手術を受けることができ、手術後に放射線治療も受けました。仕事と3人の子育てに追われ、一人で苦しんだ経験から、患者仲間で支え合おうと、仲間2人を誘って、治療を受けた聖マリアンナ医科大学病院(川崎市)内の乳がん体験者の会「マリアリボン」を作りました。

 ※トリプルネガティブ 乳がんのタイプ。女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)により増殖せず、がん細胞の増殖に関わるHER2タンパク、あるいはHER2遺伝子も過剰に持っておらず、3つが陰性という意味。ホルモン療法やHER2を標的とした分子標的薬が使えない。

1 / 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

がんを語る3-thum

がんを語る
男性の3人に2人、女性の2人に1人が、がんになる時代です。このコーナーでは、がん種別に患者や経験者を招き、病との向き合い方を話し合います。
※記事内容や写真を他のメディアに無断引用することはお控えください。

がんを語るの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事