文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

東京医大は赤字転落…助成金回復、早くて5年後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
東京医大は赤字転落…助成金回復、早くて5年後

 私学助成金は、日本私立学校振興・共済事業団が学生や教職員の数に応じて年2回、各大学に配分している。原資は国の補助金で、2017年度は873の大学や短大などに計約3170億円を交付した。各大学の運営費用のうち助成金は平均約1割を占める重要な財源で、減額されれば経営に対するダメージは大きい。

 全額カットの場合、翌年度分も交付されず減額幅は2年後75%減、3年後50%減と徐々に縮む。全額、回復するのは早くても5年後だ。ある医大幹部は「助成金で黒字を確保している。なくなれば教員数や設備を維持できず、教育の質が落ちてしまう」と語る。

 東京医科大は、18年度予算で約899億円を計上し、うち私学助成金は2・4%の約22億円。18年度は単年度で約19億円の黒字を見込んでいたが、不交付で赤字に転落することになった。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事