文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

1件 のコメント

コメントを書く

病院の縦割り行政と人間関係と適性 IVR

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

実は同じ領域の専門医・専門家でも双方の技量を熟知しているケースは多くありません。
同じ画像を一緒に判読したり、同じ手術に一緒に入ればわかることも多いですが、そういうケースは多くありません。
臨床医療は患者の理解や説得とかインフラの都合も絡むので、標準医療が確立されてきたと言っても限界があります。

また、普段忙しかったり、もともとの接点がなかったり、あるいは総合病院の各科に派遣している大学がばらばらでコミュニケーションが取れていなかったり。
もちろん、人間ですから、個々人が仲が悪いという場合もあります。
(そういう部分に幻想を持たないで、少し辛抱強くなると、医者の取り扱いが上手になるのはここを読んでいる人への秘密です。)

そんなの、もっと病院内や病院間でちゃんとやっとけと思われるかもしれません。
もっとも、部署内の仕事や人間関係に追われている中で、そんなにゆとりある勤務の医師ばかりでもありません。
このような意見を病院の目安箱に入れてくだされば、業務改善に向かう口実もできますが、それでも限定的だと思います。
理由は(特に都心部では)全ての医師が長期的に継続勤務し続ける方が多くないからです。

僕は放射線科画像診断だけでなく、IVR(画像下治療)もある程度詳しいですが、一般人どころか、一般医師にもその技術や進歩は知られていません。
理由は専門家集団が閉鎖的だからです。
むしろ、その一分野に過ぎない循環器内科の心臓カテーテルの方が有名になってしまいました。

このようなご意見が改善に向けられるように、医療界全体がもっとオープンになるように、患者さんや企業が役所や医学会に向けて声を上げてくださるのが一番ではないかと思います。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。