文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

都内インフル流行「警報レベル」超え…443施設で集団感染

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都は17日、都内のインフルエンザの流行が「警報レベル」を超えたと発表した。都は、小まめな手洗いやマスクの着用、適度な加湿、換気などの徹底を呼びかけている。

 発表によると、昨年末に「注意報レベル」を超えたが、今年に入って患者が急増。1月7~13日の1週間に、インフルエンザ患者の1医療機関あたりの報告数が30人を超えた保健所が、都内31か所のうち16か所に上った。16か所の管内に住む人は都民の56・6%で、警報の基準を超えたという。

 13日までに、都内の学校や社会福祉施設などで発生した集団感染の報告数は計443施設。学級閉鎖などの措置をとった学校、幼稚園は計236施設に上った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事