文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

健康・ダイエット

甘酒とヨーグルトのとろりデザート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
甘酒とヨーグルトのとろりデザート

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、まもなく迎えるひな祭りにも喜ばれる甘酒を使ったデザートのご紹介です。

 そのままでもおいしい甘酒ですが、サラサラすぎるものは、そのままではのみ込みにくい場合があります。ゼラチンや寒天で固めてムースやゼリーにする方法もありますが、今回は「ヨーグルト」を加えてとろりとした食感に仕上げます。

 むせやすい方には水分にとろみ剤などを入れてのみ込みやすくする方法がありますが、今回のようにとろみ剤を使用せず、自然の食材が持つとろみを利用してのみ込みやすくすることもできます。今回は、ヨーグルトを用いましたが、ミキサーにかけたプリンと牛乳で作るプリン・オ・レなども自然のとろみでおいしくいただくことができます。また、とろみ剤の効果が得られにくい「栄養補助飲料」などにヨーグルトを入れることでとろみをつけることもできます。

 このレシピでは、火を使う作業がないため、施設などでの「調理レクリエーション」として、高齢者の方ご自身に作っていただいても、楽しいですね。

[作り方]

(1) イチゴジャムとヨーグルトをよく混ぜておく

(2) (1)に甘酒を少しずつ加え、溶きのばすように混ぜていく。

(3) 程よいとろみがついたらできあがり。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

itou-140-200

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事