文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

インフルエンザ流行、今季初の注意報レベル超え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 

 流行期に入ったインフルエンザの患者数が、今シーズンで初めて注意報レベルを超えたことが9日、厚生労働省の発表でわかった。昨シーズンより1週間ほど遅い。

 厚労省は、全国約5000医療機関の報告をもとに患者数を推計している。発表によると、昨年12月24~30日の1週間の患者数は約44・6万人で、1医療機関当たりでは11・17人と、注意報レベルの基準値10人を超えていた。

 都道府県別では、北海道が32・07人で最も多く、愛知30・45人、岐阜20・33人と続いた。東京は11・53人、大阪は11・01人、福岡は13・59人だった。例年1~2月が流行のピークで、今後も増加が予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事