文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPS細胞でがん治療、「頭頸部」患者治験へ…理研・千葉大チーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
iPS細胞でがん治療、「頭頸部」患者治験へ…理研・千葉大チーム

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から特殊な免疫細胞を作り、顔や首にできる「 頭頸部とうけいぶ がん」の患者に投与する臨床試験(治験)を、理化学研究所と千葉大学のチームが年内にも始める計画であることがわかった。

 免疫力を高めてがん細胞の縮小を目指す治療法で、iPS細胞を使ったがん治療の治験は国内では例がないという。

 頭頸部がんは、鼻や口、喉、あご、耳などにできるがんの総称で、日本ではがん全体の5%程度を占める。

 治験を計画しているのは、理研生命医科学研究センターの古関明彦・副センター長、岡本美孝・千葉大教授(頭頸部腫瘍学)らのチーム。計画では、健康な人のiPS細胞から、免疫細胞の一種「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」を作製。この細胞をがん患部につながる血管に注入する。対象は手術などが困難な再発患者3人。最初に3000万個を注入し、副作用などを見ながら細胞数を変えて計3回投与する。2年かけて安全性や効果を調べる予定。

 NKT細胞は、自らがん細胞を攻撃する上、他の免疫細胞を活性化する働きを持つとされる。頭頸部がんの患者自身のNKT細胞を培養し、患者に戻す同大の臨床研究では、1回の投与でがん細胞が最大3~4割縮小したという。しかし、NKT細胞は血液中に0・1%程度しかなく、培養にも時間がかかるため、繰り返し培養して投与するのは難しかった。

 こうした課題を解決するため、古関氏らは無限に増えるiPS細胞に着目。人の血液からNKT細胞を採取し、いったんiPS細胞にして大量に増やした後、再びNKT細胞に戻す方法を開発した。この細胞をマウスに投与した結果、がんの増殖が抑えられた。今回の治験で安全性に問題がなければ、有効性を調べる治験に移る。肺がん治療への応用も検討している。

 日本がん免疫学会理事長の河上裕・慶応大教授の話「NKT細胞はがんを攻撃する他の免疫細胞を誘導する可能性も報告されており、腫瘍が縮小するだけでなく、生存期間も延びれば、有効な治療法となりうる」

iPS治療の安全性確認、長い目で

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った免疫細胞「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」でがん治療を目指す理化学研究所・千葉大チームの臨床試験(治験)計画は、iPS細胞を使った新たな「免疫療法」となる可能性がある。

 チームの岡本美孝・同大教授によると、進行した頭頸部(とうけいぶ)がんでは、抗がん剤と放射線を組み合わせた治療が主に行われているが、患者の半数は再発するとされ、新たな治療法が求められているという。

 iPS細胞は、無限に増える上、免疫細胞など狙った細胞を作れる。青井貴之・神戸大教授(幹細胞生物学)は「効率よく免疫細胞が作れるiPS細胞を『免疫療法』に活用するのは非常に有効だ」と話す。がん治療への応用を目指した研究は京都大などでも行われている。

 iPS細胞には、「がん化の恐れ」という共通の課題がある。今回、投与するNKT細胞は、元は他人の細胞のため、がん細胞を攻撃した後に拒絶反応によって排除され、がん化などの悪影響はないとみられるが、治験で慎重に確認する必要がある。

 iPS細胞を使った再生医療を巡っては、昨年、京都大が国内初の治験をパーキンソン病で始めるなど、動きが活発化している。期待は大きいが、長い目で効果や安全性を見極めていくことが求められる。(科学部 伊藤崇)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事