文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

情報革命(4)動画で在宅患者を確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
情報革命(4)動画で在宅患者を確認

訪問看護師から体調のチェックを受ける在宅療養中の石井タミ子さん(左)(福岡県うきは市で)

 福岡県南東の山間部に位置する「うきは市」。歴史情緒ある白壁造りの家並みと、果樹栽培で知られる人口約3万人のこの地域で、タブレット端末を活用した在宅患者支援の取り組みが3年前から始まった。

 地域の 浮羽うきは 医師会が中心となり、訪問看護ステーションや市の地域包括支援センター、消防本部などが参加。患者の情報を共有し、連携してケアにあたる。県医師会の地域医療連携ネットワーク「とびうめネット」のパイロット事業だ。

 システムの登録者数は2018年末で約700人。うち多くが在宅で療養している。

 同市の石井タミ子さん(86)は花栽培を営む息子夫婦と暮らす。両膝が悪く手術のために入院したところ、認知症が進んでしまい、自宅で療養する道を選んだ。

 浮羽医師会会長で主治医の西見幸英さん(61)が2週間に1回、診療に訪れるほか、訪問看護師が連携して支える。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事