文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

染色体異常調べる羊水検査、2015年から減少…負担少ない新型検査利用で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
染色体異常調べる羊水検査、2015年から減少…負担少ない新型検査利用で

 胎児に染色体異常があるかどうかを確認する羊水検査の実施数(推計)が、2015年以降、減少に転じていたことがわかった。

 妊婦の高齢化を背景に、14年までの10年は増加の一途だった。採血だけで調べられる新型出生前検査の登場により、新型検査で陰性の場合、母体に負担の大きい羊水採取をしなくて済むようになったためとみられる。

 羊水検査は妊婦の腹部に針を刺して子宮内の羊水を採るため、0・3%の確率で流産の恐れがある。しかし、染色体異常が起こりやすい高齢妊娠の広がりとともに実施数は増加。国立成育医療研究センターなどの推計によると、14年は最多の2万700件に上った。

 ところが、15年に2万100件と減少に転じ、16年は1万8600件とさらに減った。胎盤組織を採取し、染色体異常を調べる 絨毛じゅうもう 検査も16年は減少していた。

 新型検査は13年4月に臨床研究として始まり、現在92病院が参加している。参加病院の多くが加入する団体によると、18年9月までの5年半に6万5265人が新型検査を受けた。

 対象は35歳以上や、過去に染色体異常の子どもの出産歴がある妊婦ら。血液に含まれる胎児のDNAから、ダウン症など三つの病気の可能性を調べる。新型検査で陽性の場合、羊水検査や絨毛検査で最終確認が必要だが、陰性なら行わない。

 昭和大学病院産婦人科の関沢明彦教授は「新型検査が浸透すれば、妊婦の負担を最小限に抑え、流産のリスクも減らすことができるだろう」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事