文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.イワケンの「感染症のリアル」

コラム

リンゴ可愛や、可愛やリンゴ でも可愛くはないリンゴ病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

原因はパルボウイルス ほっぺたが真っ赤っかに

リンゴ可愛や、可愛やリンゴ でも可愛くはないリンゴ病

 本稿執筆時点で東北や関東地方など東日本で流行しているのが、リンゴ病です。リンゴ病というのは、まあ、俗称で、医学的には伝染性紅斑と言います。紅斑というのは、皮膚が赤くなること。伝染性とは、うつること。感染症により、両方のほっぺたが真っ赤っかになるので、伝染性紅斑という病名なのですが、そのほっぺがリンゴのように赤いから、「リンゴ病」というわけです。伝染性紅斑はお世辞にも覚えやすい病名とは言えず、まあ面白くもおかしくもない名前です。それにひきかえ、リンゴ病とは、うまい名前を思いついたものですね(ぼくは昔から「正確な」医学用語とかに興味がない派なのです)。

 さて、リンゴ病という名前は 可愛(かわい) らしいのですが、この感染症は名前ほど可愛くはありません。

 感染症なので病原体がいるのですが、名前をパルボウイルスB19といいます。変な名前ですね。B19があるのだから、A5とかC9とかありそうですが、そういうものはなく、パルボウイルスB19だけが人に病気を起こすパルボウイルスです。このB19というのは実験で使っていたサンプルの名前で、パネルBの19番目のサンプルから見つかったのでこういう名前になったのです。へーんなの(Heegaard ED, Brown KE. Human Parvovirus B19. Clin Microbiol Rev. 2002 Jul;15(3):485-505)。見つかったのは1974年といいますから、比較的新発見、新顔のウイルスです。

子どもがかかりやすく、多くは自然に治る 

 リンゴ病の好発年齢は4、5歳。幼稚園児から学童くらいによく発症します。風邪っぽい症状とともにほっぺたが真っ赤っかになります。多くの場合は自然に治る軽い病気で済んでしまいます。

 パルボウイルスに対する効果的なワクチンはありませんし、治療薬もありません。ほっぺが赤くなる前が感染期間で、赤いほっぺのときは他人に感染することもありません。 学校保健安全法でも登校基準はありますが、ほっぺが赤くなってリンゴ病かあ、と分かったときはもう感染性はなくなっていて学校を休む必要もないので、事実上、学校保健安全法を心配する必要はありません

 ただし、この感染症は大人にも起きることがあります。特に女性で症状がはっきりすることが多くて、特徴はあちこちが痛くなる関節痛と、関節が腫れ上がる関節炎です。皮膚のほうは大人でははっきりしない薄い赤みが体のあちこちに見られます。「 刷毛(はけ) ではいたような」というくらい、境界のはっきりしない薄い皮疹で、研修医はよく見逃しています(ま、この感染症を知らないとベテランでも見逃しますが)。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iwaken_500

岩田健太郎(いわた けんたろう)

神戸大学教授

1971年島根県生まれ。島根医科大学卒業。内科、感染症、漢方など国内外の専門医資格を持つ。ロンドン大学修士(感染症学)、博士(医学)。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院(千葉県)を経て、2008年から現職。一般向け著書に「医学部に行きたいあなた、医学生のあなた、そしてその親が読むべき勉強の方法」(中外医学社)「感染症医が教える性の話」(ちくまプリマー新書)「ワクチンは怖くない」(光文社)「99.9%が誤用の抗生物質」(光文社新書)「食べ物のことはからだに訊け!」(ちくま新書)など。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパートでもある。

Dr.イワケンの「感染症のリアル」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事