文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

自閉症長男と勇気の一歩…志布志移住、開けた未来 弁護士 内藤由佳さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
自閉症長男と勇気の一歩…志布志移住、開けた未来 弁護士 内藤由佳さん

「どんな子にも長所がある」。大雅君と一日を振り返る時間は、自然と気持ちがほぐれ、母の顔になる(鹿児島県志布志市で)

 自閉症の長男が生まれて、人生が変わった。予測ができない未来に不安を感じ、もがく日々から抜け出せたのは、現実を受け入れ、一歩を踏み出す勇気を手に入れたから。その経験を胸に、母として、弁護士として前を向く。

 「大人になってもみんなが幸せでいるためには、どうすればいいと思う?」

 12月初旬、鹿児島県志布志市の小学校。いじめ防止にちなんだ授業で、4~6年生の約70人に語りかけた。

 中学生の頃、太った体形をからかわれたことがある。その体験を交え、いじめをなくすには何が大切か一緒に考え、こう強調した。「一人一人が大事な存在。そのことを忘れないで」

 大学3年で司法試験に合格し、2002年、24歳で裁判官になった。間もなく同期の裁判官だった大作さん(41)と結婚し、04年に長女を出産。仕事と育児を両立する「裁判官夫婦」としてキャリアを積むと信じていた。

 「足りないものは何もないね」。そんな会話をしていた夫婦のもとに08年、第2子の長男 大雅ひろまさ 君が生まれた。「お姉ちゃんによく似ている」。夫婦で喜んだ。

 1歳半の健診で発達の遅れを指摘された。名前を呼んでも反応せず、おもちゃに興味も示さない。2歳半で自閉症と診断された。「やっぱりそうだったんだ」

 当時住んでいた愛知県で、1歳10か月の大雅君を保育園に入れた。その後、自閉症が分かると、「来年からは受け入れる枠がない」と言われた。裁判官としてようやく一人前になる時期。だが、仕事を辞めた。

自閉症  一般社団法人「日本自閉症協会」によると、生まれつき脳の機能に何らかの障害があるとされる。他者との関係構築やコミュニケーションに強い不安や抵抗があったり、興味や関心が強く偏っていたりする。

 大作さんの転勤で引っ越した兵庫県でも、絵本が好きな長女のために大雅君も連れて図書館に行くと、大声で泣かれ、冷たい視線を浴びた。障害のない子どもと親が、うらやましかった。

 「この子の将来はどうなるんだろう」。大作さんと育児方法をめぐって衝突もした。不安をかき消すように、育児書を読みあさった。

 そんな時、障害があっても積極的に何でも挑戦させるという鹿児島県志布志市の保育園を本で知り、すぐに現地へ見学に行った。

 大雅君はいつものようにパニックを起こした。機嫌を取ろうとなだめると、園を運営する横峯吉文さん(67)に一喝された。

 「泣いても誰も困らない。放っておいて大丈夫。子どもの能力を信じなさい」

 自立を促す教育方針に共感し、入園を決めた。突然の決断に「非常識だ」と反対する大作さんを兵庫に残し、12年4月、志布志市に移住した。

 縁もゆかりもない土地の人たちは、図書館で大雅君が騒いでも笑顔で見守ってくれた。園の指導で、4歳で両足跳びができるようにもなった。その場の雰囲気をぱっと明るくできる、表情が豊かな子どもに育っていた。

 同年9月、知人の契約書の作成を手伝ったことをきっかけに、「まだ法律家として人の役に立てるのでは」と、長らく弁護士がいなかった同市に法律事務所を開設した。その直後、大作さんも裁判官を退官。「弁護士夫婦」となり、親子4人での生活を再開した。

 大作さんは休日、大雅君とサッカーをして父子の時間を持つようになった。「妻は目標に向かって全力で突っ走るタイプ。これから先、どんな困難があっても、最善の策を選択してくれるはず」と信頼を寄せる。

 障害のある子どもと向き合い、悩んだ経験を一人でも多くの人に伝えたい。育児本を出版し、自治体や教育機関などから依頼された子どもの育ちに関する講演や出張授業を、これまで40回ほど行ってきた。

 大雅君は小学5年生になり、最近、友達の応援もあって一輪車に乗れるようになった。「運動が得意になって警察官になる!」と張り切ることもある。英語も好きで、中学卒業程度の英語検定3級に合格した。

 志布志に来て、本当に良かったと思う。「どんな環境でも現実と向き合い、一歩踏み出そう」。大切なことを、長男が気付かせてくれた。(林宏美)

内藤 由佳  1978年6月、福島県いわき市生まれ。子どもの頃は手塚治虫の漫画作品を好んだ。「様々な立場の人と出会い、物事の解決に取り組めるから」と裁判官の道に。東京や高知地裁で主に民事事件を担当した。「子育てが落ち着いたら、食品ロス問題に取り組みたい」と話す。好きな言葉は「足るを知る」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事