文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

体の上手な使い方(下)肩甲骨と背筋 意識して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
体の上手な使い方(下)肩甲骨と背筋 意識して

 福岡市中央区の整形外科医、武田淳也さん(55)は、胸の部分にある背骨「胸椎」と、脚の付け根にある「股関節」をしっかり使うことで、首や腰の負担を減らせると話す。日常生活で心がけるポイントを教えてもらった。

 「胸椎は、肩甲骨を利用して動かしましょう」と武田さん。肩甲骨は、背中にある左右一対の骨で、常に胸椎と連動している。胸椎は 肋骨ろっこつ とつながっているために動かしにくいが、肩甲骨を意識することでスムーズに使えるという。

 例えば、「上を向く」時。うがいをしたり、高い所にある物を取ったり、洗濯物を干したり、日々の暮らしで頻繁に行う動作だ。

 首だけを曲げて上を見ようとしがちだが、胸椎の動きが肩甲骨によって妨げられ、首に負担がかかる。左右の肩甲骨を背骨の方へ引き寄せながら、お尻に向かって引き下げよう。肩甲骨の働きで、胸椎を楽に動かすことができる。

id=20181225-027-OYTEI50011,rev=4,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

高い所にある物を取る時の肩甲骨の動かし方を説明する武田さん(右)

id=20181225-027-OYTEI50012,rev=4,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

床に置かれた物を持ち上げる時は、背筋を伸ばし、膝を曲げて腰を落とす

 上にある物を取るような場合では、背中が丸まったまま腕だけを上げると、肩を痛めたり、腰が反りすぎてぎっくり腰になったりする恐れがある。肩甲骨を上方向へぐるりと回しながら、背骨から伸ばすイメージで腕を上げるといい。

 股関節は、歩いたり踏ん張って体を支えたり、脚のあらゆる動作で使う部位だ。股関節の筋肉が衰えると生活を送るうえで様々な支障が出るので、日頃から意識して使いたい。

 特に床にある物を拾ったり持ち上げたりする時には、しゃがむのを怠らないようにしよう。腰だけを曲げて行おうとすると、腰椎を過度に痛めてしまう。しゃがむ際は膝を曲げ、背筋を伸ばして腰を落とすと、股関節が自然に曲がり、腰への負担が軽くなる。立ち上がる際は、腰を反らさず、膝と股関節を伸ばすようにするとよい。

 「ちょっとした心がけを毎日実践することが大事。体を上手に使って、痛みや疲れを予防してほしい」と武田さんは呼びかける。

 

 このシリーズは高梨忍が担当しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事