文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

視神経炎に新タイプ 再発防ぐために維持療法が有効

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
視神経炎に新タイプ 再発防ぐために維持療法が有効

 外から網膜に入った視覚情報は、脳に送られます。その役割を担う視神経というのは、網膜の神経突起が集合した直径1.5ミリの「視神経乳頭」と呼ばれる部位に始まり、「視神経管」を通って、左右の目の神経が交わる脳の中の「視交叉こうさ」と呼ばれる部位までを言い、おおむね40~50ミリの長さの脳神経です。

脳の病気「多発性硬化症」の一部と考えられていたが……

 この視神経の病気は、私の専門とする神経眼科の一大領域です。脱髄(後述)、虚血(循環障害)、感染、外傷、腫瘍などによる圧迫、薬物、遺伝、先天異常など、視神経症の原因は多岐にわたっています。

 この中で、ここ十数年で病気の概念が大きく変化し、新型ともいうべきタイプが登場したのが視神経炎です。

 視神経を形成する神経突起は、眼球を出ると周囲に髄鞘(ミエリン)という膜をかぶっていて、神経信号の伝達を効率化しています。視神経炎は、その髄鞘がはがれ落ちる脱髄によって生じます。脳内の神経線維で脱髄が生じる「多発性硬化症」の一部として出現するとの考え方が主流でしたが、脳内に病気はなく、視神経だけに病気が存在するケースも少なくありません。

細胞膜のたんぱく質に抗体ができ、重症化しやすいタイプ見つかる

 2004年に国際誌に発表された研究ですが、細胞膜に水を通すアクアポリンというたんぱく質のうち、アクアポリン4に対する抗体が何らかの原因でできると、視神経や脳・脊髄の神経線維を攻撃するというメカニズムが見つかりました。この研究には、日本の東北大学神経内科学グループも大きな貢献をしています。

 この抗体ができているケースは、視神経や脊髄に病気を起こしやすく、従来、日本・アジア型多発性硬化症といわれたものとほぼ同じ症状であり、欧米型の本来の脳内の多発性硬化症とは区別すべきだという考え方が受け入れられるようになりました。

 これに従って、視神経炎の考え方も影響を受けました。重症化しやすい視神経炎の中にアクアポリン4抗体の存在が証明されることがあり、いわば新型の視神経炎だと再認識されたのです。これは、全視神経炎の13~38%を占めています。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」、「健康は眼に聞け」「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「目の異常、そのとき」(人間と歴史社)、医療小説「茅花流しの診療所」(青志社)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事