文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

健康・ダイエット

ゴマ豆腐で白あえ風

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ゴマ豆腐で白あえ風

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 前回に引き続き、ゴマ豆腐のアレンジレシピのご紹介です。

 のみ込みやすい料理のポイントに、「口の中でのまとまりやすさ」が挙げられます。

 この連載でも何度かご紹介していますが、私たちが食べ物をかんでのみ込むためには、口の中で食べ物を一つのまとまり(食塊)にする必要があります。しかし、お口の機能が低下するとその「食塊にまとめる」力も低下してしまうため、のみ込みにくい、という現象につながります。

 ゴマ豆腐の主成分はでんぷんと油脂であるため、片栗粉のあんや練りゴマと同様、ばらけやすい食材をまとめる効果があります。今回はこのゴマ豆腐の性質を生かし、白あえのあえ衣のように使用します。軟らかくゆでたブロッコリーの花蕾からいの部分はばらけて食べにくいことがありますが、食材をつなぐ食材があると食べやすくなります。

 豆腐を使用した白あえを作る時には、豆腐の水を切る作業がありますが、ゴマ豆腐を使えば水切りの作業をすることなく気軽に白あえを作ることができます。ゴマ豆腐に添付されているたれなどを使用すれば、味付けも簡単にできますね。

 旬の野菜を使用して、四季折々の白あえを楽しみましょう。

[作り方]

(1) ボウルにゴマ豆腐を入れて泡だて、器などで滑らかにしておく。

(2) (A)の調味料を入れ、さらに良く混ぜる。

(3) ブロッコリーとニンジンは軟らかくゆで、水気を軽く切る。

(4) (2)のゴマ豆腐の衣と(3)の野菜をさっくりと混ぜる。

※かむ、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

itou-140-200

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事