文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

思春期の子どもを持つあなたに

コラム

第2部「うつ状態」(上)両親の確執にさらされ、学校でも無気力…目標見失って引きこもりに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

青白い顔で「気力が出ない。何もしたくない」と

 前回触れたように、子どもの中学生時代を「初期思春期」と呼ぶ。親離れが始まることで、家庭内で培われてきた価値観が、仲間との関係を通じて自分の新しいものへと作り変わっていく。その新しい価値観を「自我理想」と呼び、思春期の発達課題の一つとなる。

 自我理想とは、「自分が将来何をしたいのか」「どんな人間になりたいのか」など、子どもが描く願いや夢のこと。「サッカー選手になりたい」「アイドルになりたい」など、幼児期に初めて将来の夢の原型が生まれます。

 やがて、同性の仲間との交流を経て、より現実的で自分に合った夢へと変わっていきます。友人と語り合ったり、比較し合ったりすることで、「自分は何がしたいのか」「自分には何ができるのか」などの考えが生まれます。過去から現在、そして未来に向けて「自分がなりたいイメージ」が「絵空事」から「がんばればできること」になっていくわけです。

 より現実的なものへと書き換えられた将来の夢があるからこそ、「日々の努力をする」「受験勉強に励む」「部活をがんばる」など、実現に向けた努力が可能になります。

 都内に住む中学2年生B君は、中学受験の時、志望校に受からなかったため、高校受験でのリベンジを誓って、勉強に励んでいました。将来は理系の大学に進んで勉強したいとの目標があり、1年生まではきちんと通学して、部活にも積極的に参加していました。ところが、2年生に進級してから、「部活の友達と合わない。学校の雰囲気にもなじめない」と、時々学校を休むようになりました。2学期になると、とうとう学校には行かなくなり、自分の部屋からも出てこなくなりました。部屋に運ばれた食事にも手をつけなくなったため、心配した母親がクリニックに連れてきました。

 初診時には明らかなうつ状態で、「気力が出ない。何もしたくない」と青白い顔でつぶやくだけでした。そこで時間をかけて、じっくりと話を聞いたところ、ぽつりぽつりと自分の心境を話し始めました。どうやら、B君が引きこもってしまった大きなきっかけは学校ではなく、家庭内にあるようでした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shisyunki-prof200

せきや・ひでこ
精神科医、子どものこころ専門医。法政大学現代福祉学部教授。初台クリニック(東京・渋谷区)医師。前関東中央病院精神科部長。

思春期の子どもを持つあなたにの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事