文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

看護師2交代制の病棟、「夜勤16時間以上」が6割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 医療機関で働く看護師らの勤務体制で、「2交代制」を採用する病棟は約4割に上り、このうち6割近くが16時間以上の夜勤を行っていることが、日本医療労働組合連合会(組合員17万7093人)の実態調査で分かった。長時間の夜勤は、看護師らの健康を害するだけでなく、患者の安全に影響を及ぼす恐れもある。

 今年6月の勤務実績を加盟組合から集計。回収数は378施設で、看護師や助産師ら看護職員の勤務実態は、2616の病棟単位で調べた。

 24時間を日勤と夜勤に分ける2交代制の病棟の割合は39%で、データが残る1999年以降で最高を記録した。このうち「16時間以上の夜勤」を行っている病棟は59%に上った。2交代制の夜勤に入る回数は平均で月4・12回だった。

 勤務の終了から、次の勤務開始までの休息時間(勤務間インターバル)について、最も短い場合を尋ねたところ、疲労の回復が難しい「8時間未満」の施設が45%あった。

 長時間夜勤や勤務間インターバルが短い働き方は、看護師の心身に及ぼす悪影響が懸念される。同連合会は「看護師の多くが過酷な長時間の夜勤を強いられている。患者と職員の命と安全を守るためにも、労働環境の抜本的な改善が必要だ」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事