文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

1件 のコメント

コメントを書く

家族の理解が進めば身体拘束はいらない

コミュニケーション

施設職員の誰も拘束したくてしているわけではないことを考えてください。拘束したくて施設の職員になる人がいますか?
医療施設や福祉施設で拘束がおこる大きな要因は、事故や怪我をした際に施設側にすべての責任を求めて訴訟や損害賠償請求を行う家族がいる事だと思います。生きている人間が生活していくうえで怪我をする事は当たり前のことであり、怪我をする原因が施設側にある場合や職員側にある場合は責任を追及することも必要ですが、すべての責任を施設側に求め、その責任所在を施設側にする判決が出る以上は、施設側が施設や職員を守るためにやっていることだと思います。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。