文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【平成時代】患者が主役(5)「第2の意見」を求めて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
【平成時代】患者が主役(5)「第2の意見」を求めて

「医者がすすめる専門病院」の本を手に「セカンドオピニオンを推進させる会」の活動について語る中村さん(神奈川県茅ヶ崎市で)

 患者が治療法を決める際、主治医とは別の医師の話を聞く「セカンドオピニオン(第2の意見)」。大きな病院では、今や専門の外来を掲げるところが多い。

 「セカンドオピニオンという言葉が出始めた1990年代とは医療の状況もかなり変わりました」。神奈川県茅ヶ崎市の中村康生さん(72)はそう振り返る。

 「医者がすすめる専門病院」という本を編集していた中村さんは97年、会社を辞めて独立。自ら出版社を経営するとともに、98年に「セカンドオピニオンを推進させる会」を作った。

 セカンドオピニオンを受けたくても、どこに聞きに行けばいいのか。当時、情報は少なかった。書籍作りを通じて得たネットワークを生かして協力してくれる医師を募り、約800人が協力医となってくれた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事