文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

西京みそお雑煮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
西京みそお雑煮

 あけましておめでとうございます。小学校栄養士の松丸奨です。今日は、西京みそのやさしい甘さが特徴のレシピ「西京みそお雑煮」のご紹介です。

 三が日は過ぎましたが、まだ、お餅があるおうちは多いと思います。のりを巻いてしょうゆで食べるのも好きな私ですが、今回は、味付けを工夫したお雑煮です。お雑煮の楽しいところは、日本各地によって味や具材が異なることです。有名なのは、関東風と関西風ですね。今回のように西京みそを使用した京風も、とてもおいしいです。このやさしい甘さを子供たちにも味わって欲しく、いつからか給食でも西京みそを多用するようになりました。

 ニンジンはあえて丸くスライスすることで、初日の出のように縁起の見た目にし、見た目でも楽しみます。そんなニンジンには、カロテンが多く含まれています。カロテンは免疫力を高めて、日々の健康づくりに役立つと言われています。正月用に金時ニンジンが出回りますので、それを使っても良いですね。京ニンジンとも言われる鮮やかな色は、リコピンが含まれているからです。リコピンは強い抗酸化作用があり、体を () びつかせない力があります。

 簡単に作れるようにアレンジしていますので、ぜひ西京みそを手に取ってチャレンジしてみてください。

[作り方]

(1) ダイコンはいちょう切り、ニンジンは薄くスライス、シメジは小房に分ける、シュンギクは短冊切り、ネギは斜め切りにする。

(2) 鍋に水と昆布、鶏肉、カットしたダイコン、ニンジン、シメジを入れて中火で火を通す。

(3) (A)の調味料とシュンギク、ネギを入れて、味見をして調整する。

(4) お皿に焼き立ての切り餅を入れて、上から(3)をたっぷりとかけて完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事