文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

おろしきつねうどん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
おろしきつねうどん

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、ダイコンおろしの甘味を感じるおいしいレシピ「おろしきつねうどん」のご紹介です。

 寒さも厳しさを増す中、温かい料理が恋しい季節ですね。今回は、手軽に作れて温まれるうどんです。普通のきつねうどんになぜ、おろしを入れるのか? これは単純においしくなるからです。給食でもおろしの力を使い、うま味をアップさせたうどんが大人気です。味に加え、口の中で広がるおろしの食感がうどんに絡み、よく合います。ダイコンには、胃腸の働きを整えて、食欲をアップする働きがあります。食物繊維も含まれているので、腸内環境の正常化にも役立ちます。

 一緒にニンジンをおろしているのもポイント。ニンジンの鮮やかなオレンジ色が、食欲を増します。きつねを作る際に使う油揚げは、別に煮る必要はありません。さっと油抜きをしてから、おろしのうま味が出た汁で、一緒に煮込んでください。この方が油揚げと汁物の味の違いがなくなり、よくなじんでおいしくいただけます。簡単に作れるポイントを押さえていますので、温かいおろしきつねうどんを味わってください。

[作り方]

(1) 鍋に水と乾燥昆布を入れて、弱火で加熱しておく。その間に野菜を切る。ネギは小口切り、ニンジンとダイコンは、下ろし金でおろしておく。かまぼこは3mmほどの幅でスライスしておく。油揚げは半分に切り、お湯をかけて油抜きをしておく。

(2) 鍋におろしたニンジン、ダイコン、かまぼこ、油揚げ、(A)の調味料を入れて煮込む。

(3) 十分に火が通ったら味見をして、解凍したうどんを器に盛り付け、上から(2)とネギをかけて完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事