文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

日大、医学部入試で子弟優遇…同窓会が受験者リスト提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本大(東京)は12日、2016~18年の医学部一般入試の繰り上げ合格について、本来なら不合格だった医学部の同窓生の子弟計18人を優先的に合格させていたと発表した。この影響で不合格となった17年の8人、18年の2人の計10人を追加合格とする。残る16年の8人に対する救済措置や15年以前の調査については今後検討する。

 記者会見した同大の高山忠利医学部長は「社会の信頼を損ない、心からおわびする」と謝罪した。

 発表によると、医学部の一般入試で補欠の中から繰り上げ合格を決める際、本来なら成績上位者から順番に繰り上げるところ、下位にいた医学部の同窓生の子弟を優先的に合格させていた。同窓会から毎年20人程度の子弟の受験者リストが提供され、その中から成績順に選んでいたという。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事