文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

風疹抗体検査に健診活用…「働き盛り」39~56歳男性の接種無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 風疹が流行していることを受けて、患者の多くを占める39~56歳の男性を対象に、抗体の有無を調べる検査とワクチンの接種が来年から原則無料となる。厚生労働省が11日、発表した。期間は2022年3月までの約3年間。働き盛りの年代のため、職場の健診や自治体の特定健診でも検査を受けられるようにする。

 1962年4月2日~79年4月1日に生まれた男性約1610万人が対象。この年代の男性は風疹の抗体保有率が約80%と他の年代より低い。公的な接種の機会がなかったためで、今回、期限付きで予防接種法に基づく定期接種の対象とすることにした。

 対象者は医療機関や健診の場で検査を受け、風疹に対する免疫力が弱いと判定されれば、ワクチンを1回接種する。働いている人が夜間や休日にも検査や接種を受けられるよう、医療機関に協力を求める。

 国立感染症研究所によると、今月2日までの1週間で新たに118人の感染が報告され、2018年の累計は2454人となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事