文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

風疹、39~56歳の男性に無料接種…抗体検査も無料化、来年から3年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は11日、風疹の予防接種を公的に受ける機会がなかった39~56歳の男性について、予防接種法に基づく定期接種の対象にすると発表した。風疹が成人男性を中心に流行していることを受けた措置だ。

 2019年1月にも、抗体検査とワクチン接種の費用を原則無料にする。22年3月まで約3年間、実施する。関連費用を18年度第2次補正予算案に計上する。

 厚労省によると、接種対象は、1962年4月2日~79年4月1日生まれの男性約1610万人。この年代の男性は、風疹の抗体保有率が約80%と他の年代より低く、風疹にかかりやすい。実際に接種が必要なのは最大300万人程度とみられる。

 自治体の特定健診(メタボ健診)や企業が行う職場健診などで、接種対象の男性に抗体の有無を調べる検査を受けてもらう。その結果、風疹に対する免疫力が弱いと判明した人に限り、接種を行う。検査と接種が夜間や休日でも受けられるよう、医療機関にも協力を求める。

 厚労省は今回の措置により、東京五輪・パラリンピックが開かれる20年7月までに、現在39~56歳の男性の抗体保有率を85%以上、21年度末までに90%以上に高めたい考えだ。

 国立感染症研究所によると、風疹患者の報告は今夏から増え始め、今月2日までに2454人。1万7000人近い患者が出た12~13年以来の流行で、患者の大半が30~50歳代の男性。ワクチンは現在、男女ともに1歳から小学校入学前までに2回接種する。しかし、男児の接種が広く行われるようになったのは1979年に生まれた人からだ。

 風疹にかかっても、成人男性はほとんど発熱や発疹などで済むが、妊娠初期の女性は、赤ちゃんが難聴や白内障、心臓病などになる恐れがある。米国は妊婦の一部に、日本への渡航を自粛するよう求めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事