文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

[女優・タレント 田中律子さん](下)英国の大学でアート学ぶ20歳の娘 金髪にしたり青く染めたり「本当に自由」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
id=20181211-027-OYTEI50009,rev=2,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

沖縄中心の移動生活で肩こりや腰痛が

――趣味と仕事が重なる部分が多く、ストレスはあまりないですか。

 心のストレスはありませんが、沖縄を中心に移動するのが大変です。肩がこったり、腰が痛くなったり。この後はすぐ、テレビ番組「路線バスで寄り道の旅」(テレビ朝日系)の仕事です。朝から夜までバスに乗っているので大変です。

――健康維持のために心がけていることは?

 やはり食事ですね。スムージーやスロージュース(低速で回転するジューサーで作るジュース。栄養素が壊れにくいとされる)を作ります。

 ニンジンジュースはよく飲みます。家の前の海ではモズクが採れ、春にはたくさん食べます。ウミブドウも大好きです。

友人が来たらボリュームたっぷりのサラダやゴーヤーチャンプルー

――得意な料理は?

 何でも作りますが、友人が遊びにきたときなどはサラダをボリュームたっぷりに作ります。ナッツやチキン、アボカドなども入れて、それだけでメインになるようなものです。ゴーヤーチャンプルーもよく作りますが、沖縄の料理は、沖縄にいたら自分で作らないで、お店に食べに行くことが多いですね。

――いろいろな仕事を経験されてきましたが、今後は?

 今のまま、ヨガのお仕事や本業の女優の仕事を両立していきたいですね。芸能生活35年ですが、さらに40年、50年と無事に迎えられたらいいなと思います。好きな仕事をやらせてもらって充実しているので、あまり無理はせず、続けていきたいです。また、ドラマや映画の仕事もちょこちょこやっていきたいなと思います。

たなか・りつこ
 1971年、東京都出身。12歳でスカウトされ、モデルデビュー。女優として数多くのテレビドラマや映画に出演したほか、歌手としても活動。趣味のサーフィン、スキューバダイビング、サップヨガを通して、海にかかわる活動にも取り組む。サンゴの再生に取り組むNPO法人「アクアプラネット」や一般社団法人「日本サップヨガ協会」の理事長、美ら海沖縄大使、久米島観光大使、石垣島サンゴ大使なども務める。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事