文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

すてきLIFE

コラム

[ぶらっくさむらい(武内剛)さん]見た目も個性 誇らしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[ぶらっくさむらい(武内剛)さん]見た目も個性 誇らしい

 父はカメルーン人、母は日本人です。2人は留学先のイタリアで出会いましたが、僕は名古屋生まれの名古屋育ち。カメルーンには行ったこともありません。23歳でアメリカ留学するまで、英語はほとんど話せませんでした。芸名は「僕の中の日本人魂を認めてほしい」という思いの表れです。

 周囲との違いに気付いたのは小学校に入った時。「僕、みんなより黒いなあ」と。同級生も「外国人がいる」と騒いでいましたね。その時の「僕は何人?」という感覚は今も忘れません。

 いじめられたりはしませんでしたが、その後も日本人離れした見た目と内面のギャップに悩みました。コンビニで弁当を買えば、日本語で話しているのに「スプーン オア ホーク?」。レンタルビデオ店で身分証を出すと「武内剛」が本名だと信じてもらえません。ただ、留学先のニューヨークでは「僕は日本人」と言っても、誰も不思議がりませんでした。それからは、見た目なんて関係ないんだと、笑い飛ばせるようになりました。

 先日、テレビ番組でこのギャップをネタにしたら、僕と似た境遇の男子中学生がツイッターに「僕までからかわれてしまうので、やめてほしい」と書き込んでいました。昔の僕を思い出して、何度もやりとりしました。伝えたかったのは「見た目も個性の一つ。必ず誇らしく思う時が来るよ」ということ。彼も最後には「これからは恥ずかしがらずに、強く生きたい」と書いてくれました。

 街には外国人や外国人っぽい人がたくさんいます。日本人に見えても日本語が通じない人、外国人に見えても 流暢りゅうちょう な日本語を話せる人など、様々な人がいるということを忘れてはいけないと思います。

 最近、英語の資格試験を受けた時、年配の試験監督が英語で話しかけてきました。「ネイティブ(英語が母語)だったら試験は受けないよ!」と、すかさず心の中でツッコミを入れました。この見た目に感謝と誇りを持って、もっとネタを磨いていきたいですね。

  ◇たけうち・つよし  1980年、名古屋市出身。7年間の米国留学で英語を学び、お笑い芸人として、日本テレビ「エンタの神様」などで活躍中。

 (大広悠子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

suteki-life

 
 

すてきLIFEの一覧を見る

最新記事