文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

本ヨミドク堂

コラム

『マンガ 脱・「不登校」』 加藤善一郎著、河西哲郎絵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『マンガ 脱・「不登校」』 加藤善一郎著、河西哲郎絵

 朝起きようとしても体が動かない。思春期の子どもに起こりやすい病気「起立性調節障害(OD)」かもしれない。自律神経のバランスが悪くなり、脳へ血が流れにくくなるため、起床時などにめまいや立ちくらみ、頭痛を起こしやすい。不登校の原因にもなっている。

 本書の主人公は、中学生の男の子。原因がわからず苦しんでいたが、ODと判明し治療で改善していく姿が描かれる。著者は小児科医。ODと診断されないまま、周囲に「怠けている」「気合が足りない」と誤解されて症状が悪化するケースも多いという。教育関係者にも読んでほしい1冊だ。

 (学びリンク 1200円税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

本ヨミドク堂

本ヨミドク堂
ヨミドクター編集室が注目する新刊書を紹介します。医療、健康、介護、福祉関連の書籍を幅広く取り上げていきます。

本ヨミドク堂の一覧を見る

最新記事