文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

希望49人中、5人の入学認めず…東京医大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京医科大(東京)による不正入試問題で、同大は7日、今年と昨年の医学部入試で不利益を受けた追加合格対象者101人について、入学を希望した49人のうち、44人(男子15人、女子29人)の追加合格を認める一方、残りの5人(いずれも女子)には入学を認めないと発表した。これにより、来年度の同大の募集定員は46人になる。

 発表によると、追加合格者44人の内訳は、昨年が14人、今年が30人。入試区分別では「一般」34人、「大学入試センター試験利用」3人、「推薦」7人だった。

 同大では、入試区分別に追加合格者の上限を設けていた。今年の「一般」では、各入試区分の中で追加合格の対象者が51人と最も多く、同大がこの51人に意向を確認したところ、この入試区分で設定した追加合格の上限を5人上回った。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事