文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

おいしく食べて健康に! 渥美まゆ美の「和タリアン料理」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット

ささみとカブのピリ辛いため

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ささみとカブのピリ辛いため

 こんにちは。管理栄養士の渥美まゆ美です。

 今日は、低脂質高たんぱくなささみを使ったメインディッシュのご紹介です。

 ささみは脂肪分が少ない分、ダイエットや胃腸が疲れた時に最適な食材ですが、パサつきやすいので水分を保持しやすいように片栗粉をまぶして使います。

 組み合わせるカブの白い部分は、炭水化物の消化を助けるジアスターゼやアミラーゼを多く含むので、弱った胃腸の消化吸収を助けます。またカブの葉は根の部分よりも豊富な栄養を含みます。風邪予防やお肌の再生に欠かせないビタミンCやAを始め、様々なビタミンやミネラルが豊富なので、葉付きのカブが手に入った時は、全てゆでて保存して、料理の彩りにしていただけたらと思います。

[作り方]

(1) ささみは筋をとって3等分にそぎ切りし、(A)の酒とニンニクで下味をつけ、片栗粉をまぶす。

(2) カブは皮をむき、くし切りにする。カブの葉はざく切りして熱湯でゆで、水気をしぼる。

(3) フライパンにゴマ油を引いて熱し、(1)とカブを両面2分程度、軽く色づくまで焼く。

(4) (B) 豆板醤(トウバンジャン) 、しょうゆとみりんを入れていため、カブの葉を加える。

 (レシピ作成 管理栄養士 渥美まゆ美)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

渥美wプロフィールエプロン1706-200

渥美まゆ美(あつみ まゆみ)

管理栄養士、フードコーディネーター、健康運動指導士、
株式会社Smile meal代表取締役。
提案する料理は長寿食と言われる和食と地中海料理の良いところを生かした「おいしく食べながら体の中から元気になる料理(和タリアン料理)」。テレビ、雑誌、本や企業へのレシピ提供や健康セミナー講師も担当。
HP「http://www.smile-meal.com/

・「週末90分の作りおきで1週間分の献立」(1,000円、税別)が発売になりました。
・「ジャーとホーロー容器でかんたん作りおき」(1,200円、税別)が発売中です。
・「医者いらずの食材使いこなしレシピ」(1,058円、税込)が発売中です。

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

おいしく食べて健康に! 渥美まゆ美の「和タリアン料理」の一覧を見る

最新記事