文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

本庶さん「授賞式楽しみ」…ノーベル賞、現地へ出発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
本庶さん「授賞式楽しみ」…ノーベル賞、現地へ出発

ストックホルムへ出発する前に、記者会見する本庶佑・京都大特別教授(5日午前、関西空港で)=前田尚紀撮影

 今年のノーベル生理学・医学賞を受賞する 本庶ほんじょたすく ・京都大特別教授(76)が5日、授賞式が開かれるスウェーデン・ストックホルムに向けて出発した。出発を前に、関西空港で記者会見を開いた本庶さんは「(現地での講演の)準備が大変だったが、これから楽しみたい」と語った。

 本庶さんは、10日(日本時間11日)に開かれる授賞式前後の「ノーベル・ウィーク」と呼ばれる期間中、共同受賞者の米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)とともに、現地での記者会見や受賞記念講演などの関連行事に臨む。

 会見では「がん免疫療法の研究に至った経緯やこれからの研究の展望などを話してきたい。華やかな授賞式が一番の楽しみ」と話した。

 また、若手研究者を支援するため、京大が設立した「本庶佑有志基金」については、「日本の現状では、若い人への支援が細っている。できるだけ安定的な、自由に研究できる機会をつくっていきたい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事