文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

ゲノム編集ベビー「透明性の確保を」…文科相

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 中国の研究者が遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」技術で受精卵を操作し双子を誕生させたとする問題で、柴山文部科学相は30日午前の閣議後記者会見で、「受精卵のゲノム編集の臨床応用は、技術的な安全性や倫理的な課題のさらなる検討が必要だ。適切なルールのもとで透明性を確保して研究を行うことが極めて重要だ」と述べた。

 また、日本遺伝子細胞治療学会は同日、今回の問題について声明文を発表。「十分な議論と法整備の前に許容されるべきではない」などと批判した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事