文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

がん免疫治療薬「キイトルーダ」、臓器別でなく特定の遺伝子変異対象に適用拡大へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
がん免疫治療薬「キイトルーダ」、臓器別でなく特定の遺伝子変異対象に適用拡大へ

 肺がんなどの免疫治療薬「キイトルーダ」について、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会は29日、臓器にかかわらず特定の遺伝子変異を原因とするがんの治療薬として承認することを了承した。使用対象の拡大が年内にも正式決定する見通し。臓器別でなく、遺伝子に着目して抗がん剤が承認されるのは初めて。

 今回の使用拡大は、がん細胞の遺伝子の修復に関わる別の遺伝子に変異があるタイプ。

 このタイプの患者は、大腸がんでは6%おり、胃や前立腺などのがんでもよくみられるという。キイトルーダが使えるようになるのは、遺伝子検査でこのタイプとわかった患者のうち、進行・再発がんでほかに治療法がなくなった人に限られる。

 抗がん剤はこれまで、肺、胃、大腸など臓器ごとに承認されてきた。

 しかし近年、違う臓器でも遺伝子変異のタイプが同じだと、共通して効きやすい薬があることがわかってきている。

 埼玉県立がんセンターの赤木 きわむ 医師は「この薬は、大腸がんでは効果がわかってきているが、他の臓器も同様かどうかはまだ十分確認できていない。承認されたとしても、慎重な対応が必要だ」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事