文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

健康・ダイエット

おどろきのお汁粉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
おどろきのお汁粉

 明けましておめでとうございます。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 お正月といえばお餅……。けれど、窒息や 誤嚥(ごえん) のリスクの面から、かむ、のみ込む機能が低下した高齢の方へのお餅の提供は、なかなかおすすめできません。しかし、せっかくのお正月なのに大好きなお餅を食べさせてあげられない、というのも介護する側としては複雑な気持ちです。

 そんな場面において、市販の介護食材を使用することも選択肢の一つです。

 今回は、介護食材の一つでフリーズドライの「お (かゆ) ゼリーのもと」を使用したお餅のレシピです。

 ゼリーといえば、冷たくて甘いものを想像するのではないでしょうか。しかし、近年は介護食材の技術も進化し、温かくても溶けないゼリーや、ゼリーを作る素材が、多く販売されるようになっています。

 今回使用するものも、お湯を注ぐだけでのみ込みやすいお粥を作れます。これを利用すれば、 嚥下(えんげ) 機能が低下した方にも食べやすいお餅を作ることが可能です。

 普通のお餅に比べるともちろん安全ですが、嚥下機能に応じて家族が見守るなどの注意は必要です。

[作り方]

(1) フリーズドライのお粥のもとをボウルに入れ、70度以上のお湯を注いでよく混ぜる。

(2) 軟らかいうちに四角い容器や、丸い製氷皿に流し入れ、冷蔵庫などで冷やし、固める。

(3) こしあんと水を小鍋に入れ、よく混ぜる。混ざったら中火にかけて、軽く沸騰が続く程度で1~2分、焦げないようによく混ぜながらお好みの固さまで煮詰める。塩を加えてよく溶かす。

(4) (2)のお餅を入れて、できあがり。

※こしあんの代わりに、市販のお汁粉の缶詰も利用できます(粒ありのものが食べにくい場合はミキサーにかけましょう)

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

itou-140-200

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事