文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ねんきんQ

ニュース・解説

専業主婦の年金「離婚分割」でどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最大で厚生年金の半額

専業主婦の年金「離婚分割」でどうなる?

 専業主婦が離婚すると、年金はどうなるのでしょうか。「夫の年金の半分はもらえるんでしょ?」と思っていませんか。2007年度に始まった「離婚分割」という仕組みは、会社員らが加入する厚生年金が対象で、国民年金(基礎年金)は含まれません。厚生年金も結婚前や離婚後に保険料を払った分については対象外です。

 この仕組みは、1980年代頃から熟年離婚が増え、離婚した専業主婦やパート女性が、年金が少なくて生活に困るというケースが目立つようになったことから設けられました。

 妻の取り分は、結婚中に保険料を支払った厚生年金について、最大で2分の1です。専業主婦など国民年金の「第3号被保険者」の場合は、2008年度以降に保険料を支払った分については2分の1と決まっています。共働きの場合は、夫婦の厚生年金の合計額を分け合い、割合は夫婦の話し合いで決めます。合意できなければ、家庭裁判所に申し立てることになります。

 離婚分割は、離婚してから2年以内に年金事務所で手続きする必要があります。支給開始時期は、夫が厚生年金の支給開始年齢に達した時ではなく、妻がその年齢に達してからになります。

 厚生労働省の調査によると、分割額の平均は月額3万2000円程度で、夫が死亡しても終身で受け取ることができます。これに自分の国民年金が加わります。

 注意が必要なのは、離婚すると、2人の受給額の合計が減る可能性があることです。

 専業主婦世帯の場合、離婚しなければ、一定の条件を満たすことで「加給年金」や「振替加算」といった年金の上乗せがあります。65歳前に離婚すると、いずれももらえなくなります。また、妻は原則、夫の死後も夫の厚生年金の4分の3を「遺族厚生年金」として受け取ることができますが、離婚するとこれも受け取れません。

 離婚する時は自分の年金がどうなるかも、慎重に検討する必要がありそうです。50歳以上であれば、離婚前に相手に知られることなく、年金事務所で試算してもらうことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nenkinq-300

ねんきんQの一覧を見る

最新記事