文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

インフルワクチン需給、一時的に逼迫…厚労省が安定供給要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 全国でインフルエンザワクチンの需給が一時的に 逼迫ひっぱく しているとして、厚生労働省は、製造会社と卸売業者に対し、ワクチンの在庫管理と流通を改善し、医療機関への安定供給に努めるよう、協力を要請した。

 厚労省によると、今冬のインフルエンザワクチンの生産量は約2720万本。例年の需要量より約100万本多く、全体でワクチンが不足することはない。

 ただ、ワクチンの需要は11月下旬から12月上旬にピークを迎えるため、現在、一時的に供給が行き渡りにくい状況だという。厚労省予防接種室は「12月第2週頃には、供給が増えて、問題は解消する見通しだ」と説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事