文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[女優 真矢ミキさん] (下) 主演ドラマで描く「虐待」 子役の迫力演技に押され、「そんな目で見ないで」と…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ドラマで描く虐待 役者だけの時とは見方変わった

――12月から始まる主演ドラマ「さくらの親子丼2」(フジテレビ系)は、虐待を受けた子どもたちを保護するシェルターが舞台です。最近、子どもへの虐待の痛ましいニュースが多いですが、どう感じますか。

 虐待はもちろん悪いのですが、それをしてしまった親御さんも雇用先で問題を抱えていたり、子どもの預け先がなかったりとか、いろいろな問題がつながっているはずです。

 最終的に「なんて残酷な人たちだろう」と見えたとしても、その人たちのストレスがどれほどなのか、自分が自分でいられない状況に陥る背景に何があったのか考えてしまいます。情報番組の司会を担当し、役者だけやっていた時とは、見方が変わってきました。

正義感を振り回すより、寄り添うこと

――大人に心を閉ざした子どもたちに手を差し伸べる下町のお母さん役。やりがいを感じていますか。

 「さくらの親子丼」のパート1よりも、はるかにエネルギーが要ります。私も人からいろいろな相談を受けることがありますが、今回のドラマに参加して、「自分の正義感だけで安易に動いちゃいけない」と思いました。虐待を受けた子どもたちは、ねじれたものを、自分自身でひもとくしかありません。こちらができるのは、無言でもいいから寄り添うことだけ。その時、温かい手料理でもあれば、何かのきっかけになるのかもしれません。

――子どもたちを取り囲む環境も昔とは違いますね。

 ドラマの台本にもうまく書かれていますが、私たちの世代とは全く違います。何か悩みがあったら、あの人に聞いてみようかではなくて、まずネットで検索です。あらゆる情報が手に入るので、一人一人が独自の広い世界を持っています。近所のおばさんにガミガミ言われて育った私とは全然違うので、どうしたらコミュニケーションが成立するのだろうと考えてしまいます。

――撮影も緊張感がありそうですね。

 子役さんたちがすごい迫力で、こちらがへこみそうです。お芝居とはいえ、「そんな目で見ないで」と思ってしまうほど。彼らもプロなので、私とあまり仲良くするのは良くないと思っているのか、あまり近づいてきません。先日、うっかり楽しくおしゃべりしてしまって、大人がこれではいけないと反省しました。

「大学行きたいなあ」 高卒認定試験に合格

――多忙な中、高校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)を受けました。

 宝塚音楽学校に入ったので、高校、大学には行っていません。人から大学の話を聞くたびに、大学に行って知識が広がれば、いろんな意味で開眼するんじゃないか、行きたいなあと思っていました。

 認定に必要な科目はすべて合格したので、今は大学に行こうと思えば行けます。でも先日、大学受験世代の子と話した時、私が「大学に行きたいのよ」と言ったら、その子に「まず、何を学びたいかですよね」と言われて、はっとしました。

 恋愛に恋するのと同じで、私には「大学に行きたい」という漠然とした夢しかなかったと気づきました。なんて私は浅はかなんだろうと。ひとまず、英語と地理は好きなので、趣味として勉強を続けていけばいいと思っています。

政治も先人の積み重ねの上に 活字や人から学ぶ毎日

――学ぶことが好きなんですね。

 政治も先人が積み上げた時間の上にあるので、今の背景だけ見てはいけないなと思います。例えば、薩摩藩や長州藩があった地域なら、きっと教科書に書かれている幕末の歴史がすごく身近に感じられ、子どもたちへの教育も違うだろうなと思います。そういう地域性はどこにでもあって、現実にも影響を与えているのではないでしょうか。

 以前の読書はハウツー本ばかりでしたが、今はコラムや新聞記事をよく読みます。台本以外に、そういうものを読んでいると1日が終わってしまう感じです。人から学ぶのも好きですね。ある分野で秀でた人の話を聞くと、教わることがとても多いです。

まや・みき
 1964年、大阪府出身。元宝塚歌劇団花組男役トップスター。98年、退団。2003年、映画「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」で演じた女性管理官役が話題に。その後、ドラマ、舞台、映画、CMなどで活躍。「理想の上司」「理想の母親」などのアンケートでは常に上位にランクインするなど、男女問わず幅広い人気を集める。主演ドラマ「さくらの親子丼2」(フジテレビ系)は12月1日放送開始、毎週土曜日23時40分~24時35分。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事