文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

レスリング リオ五輪代表 渡利璃穏さん

一病息災

[レスリング リオ五輪代表 渡利璃穏さん]悪性リンパ腫(5)試合開始 闘志に火

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 練習に復帰して半年、今年1月にはマットでレスリングの練習ができるまでに回復した。身体が弱った復帰直後、「バケモノたち」と思ったトップ選手に交ざっての本格的な練習だ。目標は6月の全日本選抜選手権の出場に据えた。

[レスリング リオ五輪代表 渡利璃穏さん]悪性リンパ腫(5)試合開始 闘志に火

 女子レスリングチームが折々に合宿する新潟県十日町市は中山間地で坂が多い。大会に出るならと4月の合宿に参加。どんなにきつくても走った、通称「金メダル坂」を初めて歩いた。回復しつつあっても、呼吸が苦しかった。

 勝つことまでは狙っていなかった6月の大会。1年10か月ぶりの復帰戦は68キロ級で出場した。「初戦は緊張を通り越して全身が震えるくらい」だった。しかし試合が始まると、「勝ちたい」というスイッチが入り身体が動く。決勝に進み、リードを許しながらも終了間際のタックルで逆転勝ち。優勝して世界選手権への出場を決めた。

 「会社やたくさんの人に支えていただいて、もう一度マットに立って恩返しをしたいとやってきました」と試合直後に語った。

 五輪への強い思いもバネに病気を越えて復活。先月ハンガリーで開かれた世界選手権には「世界で初のメダルを」と臨んだ。惜しくも初戦敗退に終わったが、「やりきって悔いを残さない」という決意でこれからを見据えている。

 (文、写真・渡辺勝敏)

  レスリング リオ五輪代表 渡利 璃穏(りお) さん(27)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

レスリング リオ五輪代表 渡利璃穏さん

最新記事