文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

茂木健一郎の脳とともに走る

医療・健康・介護のコラム

「不意打ち」のよろこび

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 あらゆる出会いの中で最高のものは「不意打ち」だと思います。  予期していない中で、突然、目の前にそれが現れる。これ以上のよろこびはないように思うのです。  ところが、毎年のように出会っていながら、毎回、それが「不意打ち」のように感じられることもあります。つまりは、私の方が忘れてしまっていて、ぼんやりと歩いていて、「あれ、また、これに出会った」とその度に驚く、そんなことがあるのです。  先日、日比…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20151215_茂木_TOP用_104

茂木 健一郎(もぎ けんいちろう)

 脳科学者、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。1962年、東京生まれ。東大大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。クオリア(感覚の持つ質感)をキーワードに脳と心を研究。最先端の科学知識をテレビや講演活動でわかりやすく解説している。主な著書に「脳の中の人生」(中公新書ラクレ)、「脳とクオリア」(日経サイエンス社)、「脳内現象」(NHK出版)、「ひらめき脳」(新潮社)など。近著に、「成功脳と失敗脳」(総合法令出版)。

茂木健一郎の脳とともに走るの一覧を見る

最新記事