文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

書籍紹介

もっと知りたい認知症

『QOLって何だろう』 小林亜津子著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『QOLって何だろう』 小林亜津子著

 QOL(生活の質)という言葉は、医療記事でよく見かける。現代医療の課題である高齢者のフレイル(加齢に伴う虚弱)、認知症、地域包括ケア、 取りといったテーマを6章に分け、QOLの問題を考えさせる。

 著者は生命倫理学の専門家で、テレビの医療ドラマの場面など具体例を挙げており、説明は分かりやすい。治療の選択肢が限られていた時代ではQOLを考える余地すらなかっただけに、現代人はとても「幸運」だという。

 人生100年時代、長生きするだけでなく、自分にとっての幸福度や満足度を意味するQOLを考えることを勧めている。

 (筑摩書房 780円税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

書籍紹介の一覧を見る

<PR情報>

最新記事