文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[女優 小沢真珠さん](下)悪者が面白い! 香港映画出演で見つけた女優の新境地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

香港映画をきっかけに自分の殻破る

id=20181120-027-OYTEI50003,rev=2,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

――当分、子育てに追われますが、やりたいことはありますか。

 山ほどありますが、一番やりたいのは中国語。きっかけはドラマ「 牡丹(ぼたん)薔薇(ばら) 」の少し前に出演した香港映画です。海外は、演技がオーバーだったり、すごくふざけた表現をしたりするので、楽しい現場でした。それまで、なかなか振り切った演技ができず、悩んでいたのですが、「こんな表現をしていいんだ」とワクワクする気持ちになり、殻を破るきっかけになりました。それが「牡丹と薔薇」にもつながったと思います。

 「悪者が面白い」という感覚も、その現場で知りました。それが女優としての自分の方向性、悪い役を面白くやってみたいなという発想につながっています。

子育てで生まれるエネルギーを仕事にも

――また海外の映画に出たい?

 いつか海外の映画に出て中国語のセリフを話せたらいいなと、独身時代に語学教室に通って中国語検定3級はとりました。勉強もかねて、ネットで中国の映画もよく見ていました。ディーン・フジオカさんのことも、日本でブレイクする何年も前から知っていたんですよ。日本人なのに、中国語をペラペラ話せて中国人の役までできるなんてすごいなと、ひそかにリスペクトしていたんです。このごろは中国語の勉強をしてないので、出演するとなったら一からやり直しですね。

――来年はどんな年にしたいですか。

 子育てで生まれるポジティブなエネルギーを、仕事にも生かしていきたいです。体力や役の幅など、今の自分にできるものを演じる中で、新しい自分の表現を発見できたらいいなと思っています。

おざわ・まじゅ
 1977年生まれ。東京都出身。高校時代にスカウトされ、すぐにドラマの主役デビュー。2004年に大ヒットしたフジテレビ系ドラマ「牡丹と薔薇」での迫力あるいじめ役で注目され、実力派女優に。悪女役には定評がある。歯科医師と結婚し、4歳と2歳の娘の子育て中。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事