文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

思春期の子どもを持つあなたに

コラム

第1部「不登校」(上) 突然、学校に行かなくなる要因は家庭内にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 女の子は初潮がみられ、男の子では精通がみられるようになることで第二次性徴が始まります。そこから、身長の伸びが停止するまでが子どもの思春期に当たります。この時期には性ホルモンの影響を受けるようになり、性的な活動性が備わってきます。心も体も大きく成長すると同時に、それ以前の児童期のようには親と共有できない興味や悩みも増えていくのです。

成績優秀だったのに、「もう勉強はやりたくない」

 文科省によると、小中学校の不登校(年間の欠席日数30日以上)児童生徒数は平成28年度で、1000人当たり13.5人(前年度12.6人)。これは同省が調査を開始した10年度以降最多です。

 都内の小学生A君に大きな変化が起こったのは、6年生への進級を目前に控えた春休みのことでした。成績優秀で、日常生活にも問題は見当たらなかったのに、生活のリズムが乱れ、不登校になってしまうまでは、あっという間でした。

 きっかけは春休みに通っていた塾で、授業態度について男性講師から叱責されたこと。周囲から見ると些細ささいなことでも、A君にとっては大きなショックだったようで、翌日から塾を休むようになり、模擬試験の成績は大きく下がりました。

 それからは「もう勉強はやりたくない。どうせやってもできないのだから」と自宅でゲームに熱中するようになり、昼と夜が逆転する生活になってしまいました。その上、ゲームが思い通りにいかない時には母親に八つ当たりし、蹴ったり、たたいたりと暴力的な行動を起こすようにもなりました。

 4月になり、6年生へと進級してから、最初の1週間は通学しましたが、それも母親が毎朝A君を起こして、駅まで車で送っていたからです。そのうち、母親がいくら起こしても布団から出てこなくなり、「担任の先生が怖いから行きたくない」と、とうとう不登校が始まりました。そのまま5月になっても学校に行かない生活が続いたため、母親がクリニックに相談に来たのです。

 不登校は1940年代後半にアメリカで、続いて50年代には日本でも報告され,80年代には社会問題となり始めた。

 文科省の定義では、不登校は「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しない、あるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」。

 教師や友人との関係、転校やクラス替えに伴う不適応、学業の不振、受験のストレス、それに容姿や性格といった自分自身に対する劣等感などさまざまな問題が背景にあり、それに伴って最終的には同性の仲間関係から脱落することで不登校に陥る場合が多い。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shisyunki-prof200

せきや・ひでこ
精神科医、子どものこころ専門医。法政大学現代福祉学部教授。初台クリニック(東京・渋谷区)医師。前関東中央病院精神科部長。

思春期の子どもを持つあなたにの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事