文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

わたしの医見

医療・健康・介護のコラム

症状落ち着く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

東京都 無職女性 79

 左脇腹が痛くなり眠れなくなった。脊柱管 狭窄きょうさく 症でかかっているクリニックに行くと、触診もせず痛み止めと湿布を処方された。痛みは治まらず翌日、別の医院へ。ここでは座骨神経痛との診断で3日分の薬をもらった。しかし翌朝、痛みで洗顔もつらくなり、さらに別のクリニックへ。病歴を聞かれ、ここで初めて「お薬手帳を見せてください」と言われた。「残っている薬は飲まないように。特に、前日処方された薬は」とも。

 今、この3番目のクリニックに通っている。痛みは時折出るが症状は落ちついた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iken_117

【わたしの医見のご投稿募集】

医療に関する体験、意見、疑問をお寄せください。
住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、〒100・8055読売新聞東京本社医療部「わたしの医見」係(ファクス03・3217・1960、メールiryou@yomiuri.com)へ。
読売新聞紙面にも掲載されます。

わたしの医見の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

循環器その他内臓疾患の否定は重要

寺田次郎関西医大放射線科不名誉享受

喫緊の症状の緩和に目が奪われるとたまに重症疾患である可能性があります。 脇腹の痛みを呈するのは整形外科疾患だけではありません。

喫緊の症状の緩和に目が奪われるとたまに重症疾患である可能性があります。
脇腹の痛みを呈するのは整形外科疾患だけではありません。

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事