文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

精神疾患患者、医師の説明「不十分」4割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 精神疾患で医療機関を受診した患者の4割は、精神科医や心療内科医ら担当医の説明が不十分だと感じていることが、精神科医らでつくる研究チームの大規模調査で分かった。精神科を担当する医師の態度について、患者側に尋ねる調査は珍しく、日本精神神経学会の学会誌に掲載された。

 調査は、全国の患者団体などを通じて患者と家族の計1万8000人に郵送で質問用紙を送った。有効回答は6202人(患者2683人、家族3519人)。

 医師の診察時の態度に対する患者の評価は、「早く診察を切り上げようとする雰囲気がある」41%、「病名や薬について十分な説明がない」37%、「回復の見通しについて納得できる説明がない」36%――など、十分な説明がないことへの不満が目立った。

 一方で、「専門家として自信を持っている」85%、「親しみやすい雰囲気」83%、「頼りがいがある」83%など、高い評価を受けている項目もあった。

 調査を行った「やきつべの みち 診療所」(静岡県焼津市)の精神科医、夏苅郁子さんは「精神疾患の治療には良好なコミュニケーションが不可欠。医師は患者との接し方を見直すきっかけにしてほしい」と話している。

 調査結果は、小冊子にして全国の精神科病院などに配布する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事