文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPS細胞から、がん免疫細胞「キラーT細胞」作製…京大などチーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
iPS細胞から、がん免疫細胞「キラーT細胞」作製…京大などチーム

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、がんを発見する能力を高めた免疫細胞「キラーT細胞」を作ることに成功したと、京都大iPS細胞研究所などのチームが発表した。マウスの実験で、がんを効果的に抑えることも確認した。新たながん免疫療法につながる可能性があるといい、16日の米科学誌電子版に論文が掲載された。

 キラーT細胞は、がん細胞にある特定の分子を目印に、がんを見つけて攻撃する。チームは2013年、iPS細胞からキラーT細胞を作製したとする論文を発表しているが、作製の過程で細胞表面に余分な分子ができてしまい、がんを発見する能力が阻害されるという課題があった。

 今回、遺伝子を効率良く改変する「ゲノム編集」の技術を活用し、まずiPS細胞から余分な分子を作る遺伝子を除去。その後、キラーT細胞に変化させて試験管内で調べた結果、がんを発見する能力が最大で約10倍高まっていた。マウスに投与したところ、がんの進行を抑える効果が確認できたという。チームの金子 しん ・同研究所准教授は「研究を重ねて安全性と効果を向上させ、いずれはがん治療に使いたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事