文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

子どもの健康を考える「子なび」

コラム

不慮の事故(13) 分離する玩具も注意必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
不慮の事故では、小児科医で緑園こどもクリニック(横浜市)院長の山中龍宏さんに聞きます。(聞き手・萩原隆史)
不慮の事故(13) 分離する玩具も注意必要

 窒息事故のリスクが高いのは、子どもの喉にちょうど詰まるサイズのスーパーボールやミニトマトなどだとお伝えしました。もっと大きければひとまず安心ですが、「盲点」もあります。

 ある日の夕方、2歳の女児がイチゴ形の木製玩具(長さ約6センチ)を使ってままごとをしていました。幼児の口に入りにくいサイズと言えますが、この玩具は上下二つのパーツでできていました。面ファスナーでくっついており、引きはがすと、ちょうど包丁で切ったように真ん中で分かれる仕組みです。

 ふざけて口に入れた女児を母親が叱ったところ、むきになって口を閉じ、下側のパーツを喉に詰まらせてしまいました。救急搬送されましたが、意識が戻らず自発呼吸も再開しないまま、10か月後に亡くなりました。

 さらにイチゴ形玩具には、別の問題もありました。木製のためエックス線が透過し、緊急時のレントゲン検査では確認できなかったのです。MRI(磁気共鳴画像装置)検査でようやく発見されましたが、MRIは一部の病院にしかなく、装置の中でしばらく動かずにじっとしておく必要もあり、子どもの緊急時には簡単に使えません。

 分離した玩具による事故は他にもあります。生後9か月の男児は、姉の人形に付いていたおしゃぶり(約1センチ大)を口に入れて窒息し、低酸素脳症で3か月後に亡くなりました。

 そもそも、イチゴやおしゃぶりを模しているため、乳幼児が口に入れることは容易に予想できます。だからこそ製品化の段階で、危険な大きさのパーツに分かれないようにしたり、口に入れてもすぐに吐き出すよう苦み成分を塗ったり、万一喉に詰まらせても息ができるよう通気孔を開けたりといった、慎重な検討が必要だったはずです。

【略歴】
山中龍宏(やまなか・たつひろ)
 1947年、広島市生まれ。小児科医。東京大医学部卒。子どもの事故防止に取り組むNPO法人「セーフ キッズ ジャパン」(東京)理事長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

konabi_logo_200

子どもの健康を考える「子なび」
子どもの健康について考えるコーナーです。各テーマの専門家にアドバイスしてもらいます。

子どもの健康を考える「子なび」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事