文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[女優 小沢真珠さん](上)子育てと仕事で大忙し…ふと「私、明日生きてるかな」と思うときも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

体力に「根拠のない自信」があった若い頃

――これまでの女優生活、あっという間でしたか。

 子育てなら、もう子どもが何歳という感覚があると思うんですが、この仕事は苦しいことも含めていろいろなことがあり、あっという間ではないですね。自分と向き合って努力すれば自分に返ってくる、子育てとは違うぜいたくさがありますが、今はなかなか、そういう時間を絞り出すのも大変です。

――大きな病気やけがもなく?

 なかったです。何の根拠もないのに体力には自信があって、若い時は体のことも健康のことも全く気にかけていませんでした。ただ、27歳で「牡丹と薔薇」に出演して、初めて演技することの楽しさを知ることができてから、もっといい仕事をするには食べ物も気をつけなきゃいけないなと思うようになって、野菜ソムリエの資格も取りました。それまでは、体のことを振り返る余裕もなかったですね。

子育てと仕事 大変だけど大切な日々 

――子育てと仕事との両立、大変ですか。

 ありえないくらい大変で、日々テンパってます。毎日、ネタにして笑うしかないようなことが起きます。京都と東京の往復を繰り返すような仕事もあるので、ふと「私、明日生きてるかな」と思うときもあります。毎日サバイバルですが、母にも協力してもらって、気がつけば何とかやっているという感じです。でも体力的に大変なだけで、全然ネガティブな感情はなく、今の生活はすごく大切に思っています。

小沢真珠さん

おざわ・まじゅ
 1977年生まれ。東京都出身。高校時代にスカウトされ、すぐにドラマの主役デビュー。2004年に大ヒットしたフジテレビ系ドラマ「牡丹と薔薇」での迫力あるいじめ役で注目され、実力派女優に。悪女役には定評がある。歯科医師と結婚し、4歳と2歳の娘の子育て中。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事