文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

心房細動は認知症リスク…小さな血栓 脳で詰まる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
心房細動は認知症リスク…小さな血栓 脳で詰まる?

 心房細動患者は認知症になりやすい――。欧米を中心とした最近の研究結果から、こうした見方が定着しつつある。発症の仕組みは解明されていない点もあるが、専門医は「認知症を予防するためにも、心房細動は治療して」と呼びかけている。

  不整脈の一種

 心房細動は不整脈の一種で、心房が不規則にふるえて脈拍が乱れる病気。心臓の中で血の流れがよどみ、血の塊(血栓)ができやすくなる。血栓が脳の血管に詰まると重い脳 梗塞こうそく を引き起こすため、血栓をできにくくする薬(抗凝固薬)を服用する。

 こうした脳梗塞や脳出血など脳卒中を引き金に、認知機能が低下するのが血管性の認知症だ。主な症状として、もの忘れや意欲の低下のほか、同じ作業が状態によってできたりできなかったりする「まだら認知症」などがみられる。

 欧州などで行われた住民の追跡調査では、心房細動がある人はアルツハイマー型認知症のリスクを高めるとの結果も出ている。アルツハイマー型は認知症で最も多く、脳内にアミロイド βベータ という異常なたんぱく質が過剰にたまることや、神経細胞が傷つくことが知られている。

 脳卒中で起こる血管性認知症以外は、心房細動と認知症の関係はよく分かっていない。専門家は、心房細動で生じる血管内の変化が原因ではないかと推測。▽目に見えない小さな血栓が脳の細い血管に詰まる▽抗凝固薬の影響で脳内に微小な出血が起きる▽脳内の血液の循環が低下する――などに注目している。

 米国の研究チームは2013年、信頼できる複数の論文から8万人超のデータを解析。心房細動がある人のうち、脳卒中を経験した人の認知症リスクは2.7倍、脳卒中経験がない人のリスクも1.3倍になるとの結果を発表した。心房細動と認知症の関係を裏付けるものだ。

 熊本市民病院神経内科部長の橋本洋一郎さんは「心房細動が認知症に悪影響を与えていることは、ほぼ確実と言える」と指摘する。

 欧米などの不整脈学会は今年3月、「認知機能の低下を予防するため、適切な抗凝固療法を行うべきだ」「禁煙や高血圧、肥満の予防などの一般的な健康対策は、心房細動や脳卒中のリスクを下げ、認知機能に利益をもたらす」などとする勧告を出した。

  生活習慣見直し

 現状では、心房細動を治療すれば認知症のリスクが下がるとは明確に言いきれないが、研究結果は出始めている。東邦大医学部教授(循環器内科学)の池田隆徳さんは「心房細動が疑われたら、まずは循環器の専門医を受診してほしい」と訴える。

 心房細動は、 動悸どうき や胸の不快感で判明する人もいるが、症状がなく気付かないままの人も多い。池田さんは「高齢になると心房細動は増える。時々は自分で脈を測り、脈が乱れていないか確認することが望ましい」と話す。

 心房細動と認知症は、喫煙や肥満、糖尿病など、発症のリスクが重なる部分が多い。橋本さんは「一番大切なのは日ごろの生活習慣だ。食生活や運動、睡眠を見直すことが、心房細動や認知症の予防につながる」と話している。

 (森井雄一)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事