文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

京大で世界初…パーキンソン病患者にiPS移植、脳に神経細胞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
京大で世界初…パーキンソン病患者にiPS移植、脳に神経細胞

 京都大病院は9日、様々な細胞に変化する人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から神経細胞を作り、50歳代のパーキンソン病の男性患者の脳に移植したと発表した。保険適用を目指した臨床試験(治験)計画の一環で、iPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病患者に移植した手術は、世界初となる。

 京大の高橋淳教授(脳神経外科)らは、京大iPS細胞研究所が備蓄する健康な人のiPS細胞から、脳内の情報伝達物質ドーパミンを分泌する神経細胞を作製した。京大病院で10月、患者の脳の左側に約240万個の細胞を、特殊な注射針で移植した。約半年後に右側にも移植を行う。

 京大病院によると、深刻な健康被害は出ていないという。他人の細胞を脳に移植するため、患者には今後、拒絶反応を抑える免疫抑制剤を1年間、投与する。陽電子放射断層撮影(PET)などで患者の脳の状態を確認し、2年かけて安全性と有効性を検証する。万が一、がんが発生した場合は、放射線治療や手術で除去するという。京大病院では2020年までに、50~69歳の患者計7人に移植する計画だ。

 iPS細胞を人に移植する治療は、理化学研究所が14年、iPS細胞から作った網膜の細胞を、目の難病「 加齢黄斑変性かれいおうはんへんせい 」の患者に移植する臨床研究を実施。iPS細胞から作った細胞を人に移植する世界初の例となった。

 今回、京都大で実施した移植は、保険適用を目指した臨床試験(治験)の枠組みで行われ、臨床研究よりも実用化に近い。海外では、胎児の神経細胞を使った移植例が数多くあり、一定の安全性が確かめられていることから、最初から治験で実施することになった。

 iPS細胞を使った治療は他に、大阪大が重い心臓病や角膜の病気、慶応大が脊髄損傷、京大の別のチームが血液の難病で実施を計画しているが、いずれも臨床研究となっている。

 パーキンソン病は、ドーパミンを補充する薬や、脳に電極を埋め込んで体を動きやすくする手術が保険適用となっているが、根本的な治療法はない。症状が進むと、日常生活が困難になり、介護が必要になるケースも多い。

          ◇

【パーキンソン病】  脳内で運動の指令を伝える物質「ドーパミン」を出す神経細胞が減り、手が震えたり歩くのが困難になったりする病気。50歳以上がかかりやすく、厚生労働省によると国内の患者数は推定約16万人。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事