文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

堀江重郎教授のはつらつ男性専科

医療・健康・介護のコラム

新しいがん治療は「例外」から生まれる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 11月になりました。ようやく秋らしくなったのも束の間、12月で師走ですね。地球温暖化のせいか、秋も短くなってしまいました。 私の大好きな映画に「スウィート・ノベンバー」があります。仕事中毒の男性が、ひょんなことから、風変わりで自由奔放な女性と11月ひと月だけの恋人として一緒に暮らしていくうちに、忘れていた人生の意味を見いだすという内容です。主人公の女性サラは、悪性リンパ腫を患っていますが、治療を…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

horie_200

堀江重郎(ほりえ しげお)
順天堂大学大学院教授。泌尿器科医。1985年、東京大学医学部卒業。日米で医師免許を取得し、国立がんセンター中央病院などを経て、2012年より現職。男性更年期障害などを対象とするメンズヘルス外来にいち早く取り組み、男性をはつらつとさせる医学を研究する。ロボット支援手術ダ・ヴィンチのトップランナーとしても知られる。

堀江重郎教授のはつらつ男性専科の一覧を見る

<PR情報>

最新記事